TOEIC

【独学】社会人におすすめのTOEICの勉強法!目標とすべきスコア

社会人におすすめのTOEICの勉強法

社会人にとってTOEICは、昇進や昇給などに影響を与えることがあります。

また、転職活動の際にも評価につながることがあります。

忙しい社会人にとっては独学で効率的な勉強法でハイスコアを目指したいものです。

今回は社会人におすすめの独学での勉強法から挫折しないマインドまで以下の内容でご紹介します。

この記事でわかること

  •  【独学】社会人におすすめのTOEICの勉強法!
  • 社会人がTOEICを勉強する5つのメリット!
  • 社会人でTOEICゼロからの初心者が目標とすべきスコア
  • 社会人がTOEICの勉強が続かない場合に考えられる原因や障壁
  • 社会人が仕事をしながらTOEICのスコアップを目指す時のコツ
  • 社会人がTOEICの勉強を挫折しないようにするための3つのマインド

独学でのTOEICの勉強法について知りたい人は、参考にしていただければ幸いです。

おすすめのTOEIC対策アプリ

【独学】社会人におすすめのTOEICの勉強法!

社会人におすすめの独学での勉強法を以下の2つに分けて紹介します。

  •  隙間時間を利用した勉強法
  • 休日のまとまった時間を利用した勉強法

隙間時間を利用した勉強法

忙しい社会人の場合、平日はTOEICの勉強に充てる時間を割くのは難しいものです。

そのため、平日はTOEICの勉強から離れないためにも隙間時間を利用して学習することをおすすめします。

隙間時間を利用した勉強法

  • 通勤時間やお昼休みなどで英単語を覚える
  • 通勤時間やお昼休みなどでスマホアプリで勉強する

通勤時間やお昼休みなどで英単語を覚える

通勤時間や昼休みなどの隙間時間を活用して、TOEICの勉強を行いましょう。

英単語の暗記やリスニング教材の活用など、短い時間でも効果的な学習ができます。

英単語の学習では電車内でも読みやすいサイズのものがおすすめです。

また、TOEICの頻出単語が収録された英単語帳を選ぶようにしましょう。

通勤時間やお昼休みなどでスマホアプリで勉強する

隙間時間で英語学習する場合、スマホアプリを活用するという方法もあります。

スマホとイヤホンさえあれば、電車内で英語のリスニングができます。

また、スマホアプリで英単語を覚えることも可能です。

スマホアプリでは、間違えたりチェックを付けた英単語を復習できる機能付きのものがあります。

単語帳にペンでチェックを付けて復習するよりも効率的と言えます。

休日のまとまった時間を利用した勉強法

休日のまとまった時間では、隙間時間ではできないことをしましょう。

休日の勉強法

  • ディクテーションやシャドーイング
  • 文法学習
  • 長文読解トレーニング
  • TOEICの模試を本番同様の制限時間で解く

ディクテーションやシャドーイング

休日のまとまった時間には、自分の苦手なパートの対策に学習時間を割くことをおすすめします。

リスニング問題が苦手な場合は、ディクテーションやシャドーイングがおすすめです。

リスニング力を磨くためには、英文を聞いて紙に書き取るディクテーションや音声を聞いて少し遅れて発音するシャドーイングなどが効果的とされています。

文法学習

リーディングセクションのパート5では、文法問題が出題されます。

文法をしっかり理解できていない場合は、文法問題で点数を落とす場合があります。

問題の対策として、文法を学習するのも良いです。

文法をしっかりと理解することで、形からリスニングを理解しやすくなったり、英文を理解しやすくなったりする効果が期待できます。

長文読解トレーニング

また、長文読解問題のパート7対策も必要になります。

パート7は、全54問ありTOEIC L&R TESTの1/4以上の割合を占めます。

そのため、ハイスコアを目指すためにはしっかりとした対策が必要です。

長文を精読する練習や素早く読むトレーニングなどをおすすめします。

なお、TOEICのリーディング問題の勉強法については以下の記事をご覧ください。

TOEICの模試を本番同様の制限時間で解く

TOEICでスコアアップを目指すなら、本番の試験に慣れておいたほうが良いです。

TOEIC L&R TESTは全200問を制限時間2時間で解くというハードな試験。

2時間問題を解き続けるという集中力が必要です。

休日のまとまった時間では、日々の学習で身につけた語彙力やリスニング力を実践に活かすトレーニングをしましょう。

本番の試験を想定して、同じ制限時間の2時間で問題を解くことを推奨します。

社会人がTOEICを勉強する5つのメリット!

TOEIC L&R TESTでハイスコアを取るためには、時間と努力が必要です。

TOEICを勉強するメリットについては、多岐にわたります。

数多くある中から、メリットを5つご紹介します。

TOEICを勉強するメリット

  •  転職で履歴書に書ける
  • 海外出張・駐在などの仕事の幅が広がる
  • 昇進・昇給につながる場合がある
  • 英語力の基礎力がつくため英会話にも活かせる
  • 英語ができる人と周りから見られる目が変わる

転職で履歴書に書ける

TOEIC L&R TESTの一定のスコアを持っていることで、履歴書に書けます。

グローバル化が進んでいるため、英語力がある人材を必要とする企業が増えているからです。

TOEICは知名度が高い資格であり、スコアによりどれぐらいの英語力があるのかを判断できます。

一定のスコアを持っていることで、転職活動において評価される場合があります。

転職時に有利になるということがメリットが1つ目です。

海外出張・駐在などの仕事の幅が広がる

TOEICでハイスコアを取得していると、海外出張・駐在などの仕事の幅が広がるチャンスが増えます。

英語ができる人と認識される場合があるからです。

海外出張や駐在、海外事業部への配属など国際的なキャリアにつながることがあります。

TOEICのスコアを持っていない場合と比べ、仕事の幅が広がる可能性は高いです。

昇進・昇給につながる場合がある

TOEICのスコアによっては、昇進・昇給につながる場合があります。

英語力を昇進や昇格の要件にしている企業があるからです。

また、TOEICのスコアに応じて資格手当制度を取り入れている企業もあります。

英語力の基礎力がつくため英会話にも活かせる

TOEIC L&R TESTは、リスニングとリーディング問題がある試験です。

スピーキングやライティングなどのテストはありません。

とはいえ、TOEIC L&R TESTでハイスコアを取れるようになると英語の基礎ができています。

そのため、英会話を習得するときにもTOEICを勉強していない人よりも速く上達する可能性が高いです。

英語ができる人と周りから見られる目が変わる

TOEIC L&R TESTはどれぐらいの英語力があるのかをスコアにより判断できるテスト。

そのため、ハイスコアを持っていると周りの人から英語ができる人と認識されることが多いです。

TOEICでハイスコアを持っていることがハロー効果につながり、他の印象も良くなる場合があります。

そのため、スコアが高いと仕事ができそうという印象を与えられる可能性があります。

社会人がTOEICの勉強が続かない場合に考えられる原因や障壁

TOEICの勉強が続かない場合に考えられる原因や障壁

TOEIC L&R TESTのスコアアップには、継続して勉強し続けることが大切です。

コツコツと継続することで、ハイスコアを取得できるようになります。

勉強が続かない場合に考えられる原因や障壁についていくつかご紹介します。

継続できない原因

  •  勉強時間の確保が難しい
  • 英語学習のブランク期間が長い
  • 参考書が合っていない
  • 効率的な英語学習ができていない
  • 効率的な英語学習方法を知らない

勉強時間の確保が難しい

社会人は勉強時間の確保が難しいことがTOEIC学習が続かない場合に考えられる原因の1つです。

平日に勉強時間を確保できず、TOEIC学習がなかなか進まない場合があります。

そのため、平日は通勤時間や休憩時間などの隙間時間を活用するのが良いです。

英単語10個に目を通すのに1分もかからないはずです。

また、TOEIC公式問題集のリスニング問題を聞くことで耳を英語に慣らせられます。

英語学習のブランク期間が長い

社会人は、英語学習のブランク期間が長い場合があります。

英語の文法をすっかり忘れていたり、勉強方法がわからなかったりすることがあります。

英語学習が難しく感じられるようになり、継続して勉強できないことにつながります。

まずは、TOEIC L&R TESTの問題集を解いてみて自分がどれぐらいのレベルなのかを把握しましょう。

そして、自分のレベルに合った目標を設定し学習を進めることを推奨します。

参考書が合っていない

TOEICの勉強が続かない場合、参考書が合っていない可能性があります。

TOEIC対策の参考書には、600〜900点などレベルに合わせたものがあります。

効率的に学習を進めるためにも、自分のレベルに合った参考書を選ぶのがベストです。

参考書のレベルが難し過ぎたり簡単過ぎたりする場合、効率的な学習ができているとは言えません。

一度、公式TOEIC Listening & Reading 問題集を解いてみて自分のレベルを把握するようにしましょう。

効率的な英語学習ができていない

TOEICの効率的な英語学習ができていないと、思ったようにスコアアップできない場合があります。

思うようににスコアアップできないとモチベーションの維持が難しくなり、勉強が続かない原因になります。

TOEIC L&R TESTを効率よく学習するためには、TOEIC対策の参考書に絞って勉強するようにしましょう。

また、単語帳の場合も同様でTOEIC頻出英単語が収録されたものを使用するのが良いです。

効率的な英語学習方法を知らない

TOEICの勉強を継続的に続けるためにも、効率的な学習方法を知っておくほうが良いです。

学習方法を知っておくことで、プランを立てられて計画的に物事を進められます。

TOEIC L&R TESTには、TOEICに特化した学習がおすすめです。

初心者にもおすすめのTOEICの勉強法については以下の記事をご覧ください。

社会人が仕事をしながらTOEICのスコアップを目指す時のコツ

社会人は平日仕事が忙しくてなかなかTOEICの勉強ができないという人が多いのではないでしょうか。

忙しい社会人がTOEICのスコアアップを目指す場合のコツをいくつかご紹介します。

スコアップを目指すコツ

  •  効率的な学習方法で勉強すること
  • 自分に合った学習方法で勉強すること
  • 隙間時間を有効活用すること
  • 少し早く起きるなどで学習時間を捻出すること
  • 英語学習を継続すること
  • TOEICの参考書を絞り込むこと
  • TOEICの解答テクニックを身につけること

効率的な学習方法で勉強すること

時間があまりない中でTOEICのスコアアップを目指すためには効率的な学習方法で進めるのが良いです。

TOEIC L&R TESTのことをあまり知らないまま学習を進めるよりも、テストで出題される問題や傾向を把握した上で取り組むほうが効率的です。

そのため、最初にTOEIC L&R TESTの公式問題集を解いてみて、出題される問題を確認することを推奨します。

また、TOEIC L&R TESTの特徴やコツなどが解説された参考書やアプリなどを利用するとわかりやすく理解できるでしょう。

その上で、パートごとに対策していくのが効率的な学習方法です。

自分に合った学習方法で勉強すること

TOEICのスコアアップを目指すなら自分に合った学習方法を見つけることが大切です。

スコアを100点上げるためには、200〜300時間程度の学習時間が必要とされています。

長期的にモチベーションを維持し続けるためにも、継続できる自分に合った学習方法を見つけるようにしましょう。

例えば、静かで集中できる環境を作って勉強したり、運動しながらリスニングをしたりなどです。

さまざまな勉強の仕方があるでしょうから、自分に合った継続できる方法を見つけると良いです。

隙間時間を有効活用すること

平日にまとまった時間を確保できない場合があります。

そのため、隙間時間を有効活用することがTOEICのスコアアップにつながります。

例えば、通勤時間では単語帳で英単語を覚えたり、リスニングを聞いたりすることができるでしょう。

TOEIC L&R TESTでは、英単語をたくさん覚えていることがリスニングでもリーディングでも役に立ちます。

また、リスニングでは公式問題集の音源を聞くことで、耳が慣れます。

TOEICのスコアを少しでも上げるために隙間時間に勉強することを推奨します。

少し早く起きるなどで学習時間を捻出すること

いつもより朝少し早めに起きてTOEICの学習に時間を充てることをおすすめします。

朝は脳のゴールデンタイムと呼ばれるほどの時間です。

思考力や集中力、パフォーマンスなどが高い時間帯とされています。

パフォーマンスが高い時間帯を利用するのが良いです。

そのため、朝少し早めに起きて朝活することも推奨します。

英語学習を継続すること

TOEICのスコアアップを目指すなら、継続して英語学習を続けることが大切です。

社会人は毎日忙しい業務でTOEICを継続して勉強しようと思っていてもおろそかになることはないでしょうか。

日々の業務で疲れていると、TOEICの勉強をしない日が出てくるでしょう。

TOEICの勉強をしない日が続くと、やがて全くしなくなる可能性があります。

TOEIC学習を継続できるように、通勤時間にリスニングするといったような習慣として取り入れるようにしましょう。

TOEICの参考書を絞り込むこと

TOEICのスコアアップを目指す場合、参考書を絞り込むことを推奨します。

TOEICの参考書は数多くの種類がありますが、2〜3冊に絞って繰り返し学習するのが良いです。

数冊に絞り込んで取り組むほうが覚えやすくなるからです。

覚えられるまで繰り返し同じ参考書で学習するようにしましょう。

TOEICの解答テクニックを身につけること

TOEICのスコアアップを目指すなら、解答テクニックやコツなどを身につけることをおすすめします。

TOEIC L&R TESTには、スコアアップにつながる解答のコツがあります。

コツを知っているのと知らないのであれば、前者のほうがより高い点数を狙らうことが可能です。

また、出題されやすい問題やよく出る単語などを知っておくことも対策となります。

TOEIC L&R TESTの解答テクニックやコツを身につけてスコアアップを目指しましょう。

続いては、社会人がTOEICの勉強を挫折しないようにするためのマインドについて見ていきましょう。

社会人がTOEICの勉強を挫折しないようにするための3つのマインド

TOEICの勉強を挫折しないようにするための3つもマインド

社会人は日々の業務の忙しさからTOEICの勉強を挫折してしまう人もいます。

TOEICでスコアアップを目指すなら継続して勉強することが大切。

TOEICの勉強を挫折しないようにするためのマインドを3つご紹介します。

マインド

  • 目標を持って勉強する
  • 目標を達成した自分を想像する
  • 自己投資にはお金を惜しまない

目標を持って勉強する

TOEICの勉強を挫折しないようにするためには、目標を持って取り組むことをおすすめします。

何のためにTOEICのスコアアップを目指しているのかを明確にすることが大切です。

例えば、転職活動の履歴書に書くためや、昇進・昇給のためなどがあります。

目的を果たすために必要なスコアを明確にし、目標スコアを定めて勉強するのが良いです。

目標を達成した自分を想像する

TOEICの勉強を挫折しないために、目標を達成した自分の姿を想像するのも良いです。

TOEICで目標スコアを取った自分の姿を想像するとモチベーションの維持につながります。

挫折しないためにも、モチベーションの維持は大切です。

目標を達成した自分の姿を想像して、モチベーション維持につなげてください。

自己投資にはお金を惜しまない

TOEICの勉強を挫折しないためにも、自己投資にお金を惜しまないようにしましょう。

お金をかけた方が効率的に勉強できる場合があるからです。

例えば、TOEIC対策の無料アプリでは学習コンテンツの量や機能が少なかったり、広告が表示されて集中力の妨げになってしまったりします。

一方で、有料アプリは学習コンテンツや解説などが充実しており、広告が表示されなくて快適です。

そのため、お金をかけた方が効率よく勉強を進められることにつながります。

社会人におすすめのTOEIC勉強法まとめ

まとめ

この記事では、忙しい社会人に向けてTOEICの勉強法やスコアアップを目指すコツなどをご紹介しました。

以下が社会人におすすめのTOEICの勉強法です。

おすすめの勉強法

  • 通勤時間やお昼休みなどのスキマ時間を活用する
  • 休日に文法学習や長文読解トレーニングする

TOEICのスコアアップを目指すなら継続して学習に取り組む必要があります。

継続して勉強できなかった場合、TOEICでハイスコアを取るという夢は絶たれます。

「TOEICで◯点取る!」という目標を途中で挫折しないためにも、原因を知り対策するのが良いです。

TOEICの勉強は時間がかかり、長くしんどいこともあります。

乗り越えた後の自分が目標を達成している姿を想像し、TOEICの勉強を頑張っていきましょう!

  • この記事を書いた人

ぴよきち

4年制の外国語大学の『英米語学科』卒業。 AUへ短期で留学し海外好きになりました。 英語系ブログEnglishロードの編集者です。

-TOEIC